『春』♪お肌の状態とお肌のお手入れ

そろそろ花粉に悩むかたが増える季節になってきました(-_-;)
北海道は、シラカバ花粉症のかたが多いようです。
花粉症とは無縁だったのに、ある日突然花粉症になってしまうことも少なくはないようですね。
この季節は、お肌もとてもデリケートな状態といえます。

20151201-143740.jpg

春になると身体の新陳代謝が活発になり、ホルモンの分泌も盛んになります。皮膚表面では皮脂や汗の分泌も増えてきます。これは、寒い冬の季節から暖かい春へと季節が変わっていくのと同時に身体そのものが外部環境の変化に対応しようとしているためです。
身体が緊張状態にあり、皮膚も含め身体全体がとても敏感になっているのです。

この季節になると、吹き出物がでたり、お肌がかぶれたりとトラブルが増えるのは、こういった体調の変化に関係しており、皮膚が外からの異物に反応しやすくなっているためです!
そして肌の状態が敏感になっているとこへ、肌の大敵の『紫外線』がどんどん強くなり肌へ大きなダメージを与えるので、スキンケアには細心の注意が必要になるのです!

20151127-092549.jpg

☆お肌のトラブルを防ぐには? → 『洗顔』
お肌の角質層を健全に保つことが、お肌のトラブルを防ぐ最大のポイントです。
そのためには、①お肌に対する刺激を少なくすること、 ②角質層の水分を保ちバリア機能を正常に保つことを
心がけたスキンケアが大事です。

~肌の付着物をきれいに取り除くこと~
◯特に重要となるのは、毎日のクレンジングと洗顔 →クレンジングや洗顔で皮膚の表面の付着物をきれいに洗い流すことです。
皮膚の表面に付着した刺激物というのは、皮脂、汗、空気中のホコリ、雑菌、アレルギーを発生させる物質(花粉など)、メイク料など様々です。
こういった皮膚の付着物を取り除いて、 皮膚の刺激を少なくすることが大切。

~肌の保湿・バリア機能を守る洗顔が~
◯洗顔で皮膚の付着物を取り除くことは必要なのですが、刺激の強すぎる洗顔料の使用や、 肌を強く擦るような洗顔をすると、肌に刺激を与え、角質層を傷つけてしまったりとマイナス効果です。
角質層が傷ついてしまうと、保湿機能やバリア機能が損傷を受け、刺激物や異物が侵入しやすくなります。

その結果

肌トラブルが発生しやすくなる → 要注意

☆肌に対して自然な成分でつくられた洗顔料を使うことをおすすめします☆

20151015-214000.jpg

~洗顔後は保湿対策をしっかり~
洗顔後の肌は無防備です。
◯化粧水で水分を補給し肌を整え、美容液・乳液・クリームなどで、水分を逃がさないようにしっかり肌の保湿対策を!
保湿対策というと、化粧水・美容液・乳液・などのいわゆる外から与えるスキンケアは、誰もが関心を持っていると思いますが、 保湿対策の前提となるのは、肌本来の保湿機能を守ることです。
毎日の正しいクレンジングや洗顔が、保湿対策としてはもちろん、 スキンケアそのものの基本と言えます。

札幌フェイシャル

アルテ miyoshi