『疲れた~・・』と感じた時、身体を休める事も大事ですが、食事で疲労回復できればいいですね!

疲れを感じた時に積極的に食べたい食材(*^_^*)

疲労って?
普段「疲れた~」と感じますが、疲れの意味って(>_<)。

疲労を感じるということは、身体を休めよ~💦という身体からのメッセージという説もあります。

疲労を感じているときは、身体に色々な症状が起こっているのです。常に疲れを感じてしまう、慢性的な疲労を抱えている人は、自律神経のバランスが崩れていることが多いそうです。

なので、夜なかなかリラックスできず、いつまでも神経が高ぶっているため、寝つきが悪くなってしまいます。

血液中の酸化ストレスが多くなっているのも、疲れた身体の特徴。セロトニンという幸せ♥ホルモンの分泌も乏しいのも特徴。

疲労が重くなると、身体にさまざまな支障が生じてしまいます。

疲れを改善するために食事から疲労回復する方法。

⭕胃を休ませる。➡食べたものを消化するとき、大きなパワーを使います。身体は疲れているときは、疲労回復のためにパワーを使いたいのて、食べ物を消化するためにパワーはなるべく使いたくないのです。疲れているときは、無理をして食べるより、少し胃を休ませてあげたほうがよさそう。味噌汁やスープなどを飲むだけでも🆗

⭕胃の負担を減らす➡ゆで卵は消化に悪いため、卵を食べるならオムレツにしてみる。

野菜も、疲れているときには、いつもより柔らかめにゆでる。

玄米より白米のほうが、消化によい。

疲労回復に役立つ栄養素は?
🌟タンパク質➡疲労回復の基本的な栄養素。運動をして筋肉が損傷すると失われるのがタンパク質です。筋肉の疲労回復をするのに役立つのがアミノ酸です。体内に入ると、アミノ酸に分解されるタンパク質とる。

タンパク質の多い食べ物は、肉🍖、魚🐟、卵🐣、大豆など。

🌟ビタミンB1➡糖質を代謝するときに使われる重要な栄養素。豚肉などに多く含まれます。ねぎやにんにくなどに含まれる「アリシン」と結びつくと、吸収率が高まるため、疲労回復効果大⭕  

🌟クエン酸➡エネルギー産生において効率的に働くことから、ダメージを受けた細胞を修復するのに役立つそうです。糖の代謝を活性化する働きがあり、「乳酸」という筋肉の疲労を引き起こす原因とされる物質を燃焼させてエネルギーに変えることができるといわれています。フルーツの中には、クエン酸を多く含むものがたくさんあります。

グレープフルーツ

キウイフルーツ

リンゴ🍎🍏

メロン🍈

🌟リコピン➡酸化作用あり。🍅活性酸素は生活習慣の乱れや喫煙、紫外線などの影響で増えすぎると身体に悪い影響を。リコピンには強い抗酸化作用があるため、この過剰な活性酸素を除去することができるといわれています。

甘いものには疲労回復に効果があり?
疲れたとき、チョコレート🍫など甘いものが食べたくなります。これは身体の疲れというよりも、頭の疲れに良いそうです。甘いものの糖質が、すばやくブドウ糖として、脳のエネルギーに変わります。

◼甘いものは、とり方によっては、血糖値を急上昇させ、急激に下がるということが起こりやすくなります。そうなると、かえって疲れてしまうこともあるため、一度に大量摂取しないように注意してください。

日頃からの食生活を心がけることで、疲れにくい身体を作ることができそうです!

また、適度な運動や十分な睡眠も大事です😌💓