お肌の乾燥

冬のお肌は四季の中でも最もコンディションが悪くなります!冬が近づくとお肌が痒くなったり、カサカサしたり乾燥します。

温度も湿度も低くなり、様々な肌の老化が現れがちです。ほかの季節よりお肌のお手入れの必要性が高まる季節になります!

000174_li[1]

お肌の最悪のコンディションの原因とは?

○水分の蒸散  冬の肌の水分分泌量が減ります。外気は乾燥しているので肌の水分が蒸散して失われていくというダブルで乾燥の原因があります。

乾燥こそがお肌のトラブルや老化を引き起こす根源です。

○血行が悪くなります  冬になり寒くなると毛細血管が縮小するため血行が悪くなります。新陳代謝も悪くなり肌の衰えを早めてしまいがちです。

○分泌機能が低下します  お肌の汗や皮脂の分泌量が大きく減少してしまいます。そのためお肌の潤いが失われて肌荒れを起こしてしまいます。

 

乾燥を防ぐ!

☆ビタミンA. ビタミンB ビタミンE を多く含むものを積極的に取り入れましょう。

≪ 納豆  卵  ウナギ  豚肉  レバー  緑黄色野菜  サバ  イワシ  ゴマ  アーモンド など ≫体の内側から栄養補給も大切です。

☆水分の取り方 コーヒーや紅茶やお茶などカフェインは体を冷やす働きがあります。体の冷えは代謝が悪くなります。肌の乾燥も招いてしまいます。コーヒーの飲む量を少し減らして、水or白湯にしてみるのもおすすめです。

☆お酒は控えめに  アルコールは体温や皮膚の温度を上げる働きがあるため、皮膚の水分を蒸発させ乾燥のつながります。

☆肌の露出を防ぐ  外に出るときは手袋やマフラーなどをして乾燥した空気に触れないよう露出を防ぐことも大切です。

☆家の中で暖房による乾燥が気になるときは、加湿器を利用して!

 

季節によってお肌のトラブルはいろいろとあります。お肌の悩み、お気軽にご相談ください。お客様ひとりひとりにあったお手入れやお化粧品のご紹介をさせて頂きます!ご自宅でのケア、そしてアルテでのお手入れで冬の乾燥をのりきりましょう♪

 

Arty-Miyoshi