春の紫外線は要注意です!
夏になる前に紫外線対策はじめましょう

 

3月に入りました!札幌もやっと少しずつですが、春らしくなってきました。気持ちがいいですね🎵
でも
春とはいえ、意外と日差し☀は強いです。

春から紫外線対策!です。

20151201-143740.jpg

今はまだ、お肌が冬モード。
夏に比べると紫外線をあびるのが少ないため、日頃の紫外線対策も少なく、お肌も紫外線にあたる準備ができていません((T_T))  そんなお肌にいきなり紫外線を浴びると、ダメージ大。

6月の夏至の頃を中心に、太陽の角度も紫外線の量も変わるので、3月の紫外線の量は9月と同じで、かなりの紫外線量なのです。

そしてまだまだ乾燥していますから、お肌に与える影響も大きくなります。

F1000024.JPG

 

紫外線☀注意する時間帯


紫外線の量は1年を通じて、10時~14時頃が最も多いため、その時間帯は要注意。

肌の奥深くに入り、色が黒くなり、シミ、しわやたるみのもとになる「紫外線A」は冬だからと言ってそれほど量が減るわけでもありません。

紫外線Aはガラスを通します。太陽が出ていない曇った日でも同じく紫外線Aの量はそれほど減りません。

雪⛄

スキー焼けと言いますが、雪も紫外線を反射します。

紫外線対策が必要な体の部位は

しわやシミが増えます。顔が綺麗でも、首にしわが多いと歳を取って見えてしまいます。

冬はマフラーなどで覆っても、春はむき出しにすることが多くなってしまいます。

長袖を着ても、手はどうしても露出しています。暖かくなってきて手袋をしなくなる時期は、気を付けて!

頭皮に日焼け止めを付けることは少ないので、意外と影響が多いようです。抜け毛、ふけ、かゆみなどの元にもなります。

20151201-161449.jpg

日焼けしてしまったらケア❕

最初は冷やす

日焼けと火傷と似ています。日焼け直後はできるだけ冷やすことが大切です。

化粧水やクリームは質の良いものでなければ肌に刺激を与えるので、ひりひりした場合は痛みが取れるまで待つほうがベター。

赤みが引いてきたら保湿

赤みや痛みが引いてきたら、紫外線により乾燥した肌に、質の良い化粧水などで優しくケア🎵

春の紫外線対策

★日よけ

年中同じですが、つばの広い帽子、日傘やマスク、長袖などで覆ってしまうのが一番な対策。

★日焼け止め

日焼け止めはSPFの高いものもいいですが、20‐30程度のものを20~30分おきに塗り直すのも効果的。

20150813-222915.jpg

それから、紫外線だけでなく、スマホなどから出る電磁波もしみやしわの原因になるそうです(>_<)

Miyoshi