🔶季節の変わりめに 気をつけたいこと!や必要な栄養とは

秋といえば!
食欲の秋、読書の秋、芸術の秋、スポーツの秋などなど  やりたいことがいっぱい(^-^)/

秋は、気温も丁度よくて過ごしやすく、気持ちいいですね🎵

でも、
なんかいつもより眠気を強く感じたり、
身体がだる~いと感じている人も多いそうです。

🌟季節の変わり目の秋
夏バテならぬ、秋バテというのがあるようです。

秋バテ
自分では気をつけていてもコントロールできない部分で体調を崩しやすい。

夏☀は、体から熱を逃がすため、汗をかいて体温調節をします。
体温調節は体のエネルギーをたくさん使います。
暑すぎる夏にはエネルギーを使いすぎてしまって、だんだん秋になる頃に疲れてバテてしまう⤵⤵。

秋は日照時間が短くなるので、夕方になると寒くなって、体に負担がかかります。
この負担が身体のバランスを崩してしまい秋バテの原因に。

今の時期、昨日は暑かったのに、今日は肌寒い   など、体が気温についていくのが大変。自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなってしまいます。

○充分な睡眠

○栄養のあるものをバランスよく

体力の回復が必要です(^-^)/

◼秋バテに必要な栄養
弱っている胃腸には消化しやすい食事。
夏にエネルギーを大きく消費しているので、栄養価の高いものを取らなくちゃと思いがちですよね。
でも実は逆効果⤵。腸は冷えて弱っています。冷えた胃腸にやさしいお粥や雑炊など、柔らかくて消化の良い物を。

体を温める食材の食事。温かいスープを食べて体の中から温める。

アルテのドリンクメニューにもある、しょうが紅茶。
生姜は体内に熱を発生させ、デトックス効果やリラックス効果が。
温まる飲み物を積極的に摂るようにしたいです。

旬のものは収穫時期が一番栄養価が高くなっています。
その時の体が必要とする栄養素を多く含みます。

秋の旬といえば、カボチャ🎃
カボチャにはビタミンが多く含まれ、血行促進効果があります。

DSC_0157

秋の魚といえば、今年は大漁の秋刀魚(さんま)🐟
秋という字が含まれ秋の代表的な旬の魚ですね。
秋刀魚もビタミンを多く含む食材で、血行促進効果があります。

体をいたわりつつ、美味しいものをたべて、秋を楽しみましょう✨

アルテの健康エンダモロジー❗人気のメニューです。