おすすめ光老化防止 日焼け止めクリーム!

紫外線はお肌の天敵(T∀T)!紫外線で肌の老化が、(T∀T)  その8割は太陽光が原因です。

★光老化(ひかりろうか)

長い間、太陽の光を浴びているとシミやシワ、たるみなどを引き起こしてしまう
光老化(ひかりろうか)の原因になります!

でも、太陽の光は肌にダメージを与えるのも事実です⤵️⤵️

☀️日焼けは太陽光によるやけどであり、赤くなったりや痛みを感じたり、皮がむけたりなどの症状が出るため、外で過ごす時はしっかりと紫外線対策をしているという方がほとんだと思います。油断できないのが、日常的に浴びている太陽の光。夏の晴れた日だけではなく、秋冬の曇りの日でも紫外線は常に降り注いでいます。毎日、無少しずつ浴びてしまっている太陽光は、シミやシワ、たるみなど肌の老化の大きな原因です(T∀T)

太陽光による肌の老化は「光老化(ひかりろうか)」と呼ばれます!

「光老化」とは、太陽光線を長期間、浴び続けることにより、皮膚にシミ、シワができます。そのため太陽光線の当たらないお尻や内ももでは、年齢に関係なくシミ・しわはほとんどできません(*^^*)

太陽光線は、紫外線(UV)、可視光線、赤外線の3つに分かれます。

皮膚は外側から表皮・真皮・皮下組織となっています。太陽光線は波長が長いほど肌の奥深くまで届くという性質があるためUVBは表皮に、UVAは真皮に、更にそれよりも波長の長い近赤外線は皮下組織まで届きます。

紫外線(UVB、UVA)により、肌は大きなダメージを受けます。それがシミやシワ、たるみの発生の原因となります。

シワの原因として近赤外線も挙げられます。近年、近赤外線も肌へ影響を及ぼすことが明らかになりました。

近赤外線が皮膚の土台となっている皮下組織にダメージを与えることで、シワ、たるみの原因となることがわかっています。

夏だけでなく、秋・冬や曇りの日でも太陽光線は常に降り注いでいます。波長の長いUVAや近赤外線は、窓ガラスを通過するといわれており、外出時のみではなく、紫外線対策が重要。

光老化対策にはまず、日焼け止めが重要。プラス皮膚が薄い目の周りは太陽光の影響を受けやすいので紫外線カットができる眼鏡やサングラスの使用や、帽子や日傘の使用も有効。

肌の老化の原因は、光老化が8割です。

一年中日常的に日焼け止め使用し、めがねやサングラス、日傘なども併せて有効に活用した対策を行えば、3年後・5年後の肌が変わってきます。今からでもしっかりと光老化対策を!

M